【実録】60代の父母がスマホデビューをしたらどうなるの?

スマートフォン

最近、父がスマホに興味を持ちだしたんですよ。
「電車の中でガラケーは自分だけだ」とか、
「職場でケータイを出すのが恥ずかしい」なんて言い出して、ことあるごとにスマホ買いたいアピールをしてくるんです。

とはいっても、今使っているガラケーでさえ使いこなせていない父。
機能過多なスマホなんて持て余すに決まっています。
なのでスマホなんていらないと説得するわたしと母。
しかしある日長年使っていたガラケーが壊れてしまい、ついに父はスマホを買うことになりました…。

そして同じタイミングで母もスマホに買い替えることに。
はたして2人は無事スマホデビューできるのだろうか!?

スマホデビューに最適なスマホはどれか?

父母のケータイ事情

・父:64歳  辛うじてメールと電話を送れる。最近ではimodeでYahoo!ニュースも見られるようになった。
・母:60歳  ガラケーはそこそこ使いこなしている。絵文字をふんだんに使ったメールを送ってくる。

2人は15年以上ドコモ一筋の生粋のドコモユーザー。
格安SIMをおすすめしたのだが、愛着あるドコモから離れたくないとのことなので、ドコモの製品から選ぶことに。

高齢者向けの「ドコモらくらくフォン」という存在

高齢者向きに字やアイコンを大きくしたり、よく使う機能をわかりやすく配置するなどの配慮が施された「ドコモらくらくフォン」
耳が遠くても通話がきこえやすい「はっきりボイス」や、調べものがしやすいようわかりやすくカスタマイズされたブラウザを採用している優れもの。

加えて、専門アドバイザーが操作方法などをやさしく教えてくれる「らくらくホンセンター」が無料で使えるという嬉しい配慮までされている至れり尽くせりな仕様なのです。

まさに高齢者のスマホデビューにうってつけなこの商品。
でも、こういういかにもな商品を嫌う高齢者っていますよね?
うちの両親もまさにそのタイプで、どんなに勧めても見向きもしてくれませんでした(笑)

結局iPhone7を買いました

型落ちというのと、ガラケーからスマホにすると割り引かれるというキャンペーンもあり、機種変更ですが実質無料で購入できました。
父はブラック、母はホワイトをチョイス。

iPhoneだと60代の父母でも知っているくらい有名ですし、ガラスケースの美しい見た目も相まって、2人のお気に召した様子。
実際に届いてから手に取って、初めてのスマホをとても喜んでいました。

スマホ初心者とiPhoneの相性は良かった

少し不安でしたが、とりあえず基本のメールと電話のやり方はすぐに覚えられました。
iPhoneは他のアンドロイド機と違ってカスタマイズ性が弱いのがネックだと思っていましたが、
逆にそのシンプルな操作性のおかげで、スマホ初心者でもわかりやすく操作できるみたいです。

加えて、iPhoneは普及度No.1なので、使い方ガイド的な本が豊富に取り揃えてあるのがいいですね。

例えば上の本は、ドコモのiPhone7ユーザー用のビギナー向け指南書なのですが、こんなに丁寧に書かれた本がたくさん並んでるのはiPhoneだけなんですよね。
これさえあればメールの送り方や写真の撮り方、ネットの使い方までが恐ろしく丁寧に書かれているので、家に1冊あると重宝したようで、2人で熟読し、教え合っていました。

また、iPhoneならば持っている人が多いので、わからないことがあれば周りに聞きやすいのです。
同じ機種同士で会話がはずんだりと、それ自体がコミュニケーションツールとして働いたりしている様子。

というわけで、iPhoneでのスマホデビューは大正解でした。
まだまだ全部を使いこなしてはいないでしょうが、それでも最低限の機能はすぐに使えるようになったので一安心です。

おまけ:カメラ機能にハマった父

父は古いコンパクトデジタルカメラを愛用していて、出かけるときはいつも持ち歩いていました。
でも最近のスマホってカメラ性能がすごいので、もはやそこら辺のデジカメよりもきれいに撮れちゃうんですよね。
なのでデジカメからおさらばして、外出時はスマホだけでよいので身軽になれたと喜んでいます。普段ケータイを家に忘れがちな父でしたが、このおかげで常備するようになったので、家族的にも安心できます。

初めてのスマホ大丈夫かな?と心配していましたが、
今ではiPhone7で撮った写真をBluetoothでテレビに写し、みんなに見せるくらいにまで使えるようになりました。
こういったことを簡単にできるのもスマホの強みですね。