ブロガーからライフハックを学ぶ

雑記

地味に前回の続きの話。

友人宅に泊まり、朝早くに目覚めた私は暇を持て余していた。
そんな時、部屋の一角に乱雑に置かれてある本の山の一番上に、興味をひかれるタイトルが目についた。

それがこちら
『ライフハック大全』

「うわ〜、こいつってこういう仕事術的な本も買うんだ〜w」
なんて面白半分に手にとって見たこの本、実際に読んでみると意外にも面白かったw
この本の著者である堀正岳氏はブロガーでもあるため、ブロガー超初心者であるわたしにとっても有益な情報が書いてある点もまたグッド。

ということで今回はこの本の中で特に感銘を受けたポイントをほぼ自分用にいくつかピックアップしていこうと思います。

質より量を攻める

質を大事にとはよく聞くけれど、逆は中々聞きません。
この本には、1日の時間の中で色々なことを分散してやるのではなく、一つのことに集中して取り組む時間が必要だと書かれています。

例えば作家のジュリア・キャメロンは、毎朝3ページとりとめもなくただ筆を走らせるだけの「モーニングページ」という習慣を提唱しているそうで
そんな一見意味のなさそうな繰り返しも、やがて膨大な蓄積となって、本物のクリエイティブを生み出すという。

こんな感じで、なにかを変えたいときはまず1つのことに集中して取り掛かるのが大事とのこと。
短期間で集中的にやればたとえ小さくても必ず変化が起こるし、それが積み重なって大きいことができるようになるのは、たしかにそうだなあと。
わたしも1日1記事なんてケチなことは言わず、時間の許す限り書きまくろうと思いました!!やらないだろうなあ

心の中のヒーローに悩みを打ち明ける

なにかを思い悩んだとき、「スーパーマンみたいなヒーローだったらどう行動するだろう?」と問いかけると答えが自然と出てくるという話。
他人の悩みって客観的に見れば答えは明白だってことは多いし、ましてやそれがスーパーマンのようなヒーローだったらより誠実で理にかなった答えをしてくれるはずです。
なので自分の心の中のスーパーマンに相談して、その答えに従おうじゃないかということでした。

そういえば映画「セント・オブ・ウーマン」でも似たようなセリフがあって
「わたしにはいつも正しい道が見えていた。けれど決してそれを選択しなかった。なぜならその道はいつも険しく困難だからだ。」
というもの。

たしかに、誰しも正しい選択肢ってわかっているもんですよね。
でもいつも選択できるとは限らないわけで…
そんな時こそスーパーマンに相談してみたいと思いました。
うーんいいこと言うなあこの人。

二次情報サイトに時間をかけない

ほんとこれな!
まとめサイトとか、SNSニュースなんかのリンクを辿りに辿って一体どれほどの時間を浪費したことやら…

自分でもこの癖よくないなあなんて思いながらも、結局なんかしらでみちゃうんですよねーこれ。
そんな習慣もこれを機にきっぱりやめようと思いました!

 

悪癖メモを作って悪癖を断ち切る

二次情報サイトを追うのをやめようなんて言ってたら、その止め方まで指南してあるとは!
なんて隙きがない本なんだ!

たしかにやめるべきことは書いといて目につく場所に貼っておけば予防になりますね。
なるほどなあ。

おまけコーナーも充実

上に挙げたような意識の高い仕事術的なものだけではなく、後半は細かい小技集まで載っているのがこの本の面白い所。

例えば、「イヤホンは八の字に巻くと絡みにくいよ」なんてことに1ページ使って図でわかりやすく解説してあったりしますw
うん、たしかにイヤホン大事だしね?断線しやすいもんね?

他にも傘の取っ手にダクトテープを巻くと滑りにくいだとか、扇風機を窓のそばに置いて効率よく外の空気を取り込むとかいった
主婦のマル秘テク的なことも豊富に書いてあります。

最初から通しで読むと、中盤までのできる男な著者のイメージが、後半にはおちゃめな一面まで読み取れて
この著者が一気に好きになりましたw
この人、これが狙いだとしたらあざといな!

おわりに

普段なら絶対手に取らないような本も、友人や知り合いが読んでいると無性に読みたくなったりって、ありますよね?
それも勧められるのではなく、部屋の隅にしれっと置いてあるからこそ手に取りたくなったり。
なので本当におすすめしたい本はあえて口に出さず、すきを見てバッグから取り出して目につくところに置いておくのがうまいやり方かもしれないなあなんて。

今度誰かにやってみようかしら。

雑記